古い常識のSEOはもう通用しない!今、検索サイトに評価されるページとは

被リンク数だけを増やして順位を上げることは難しい

検索サイトが各ホームページを評価する場合、その項目は非常に多岐にわたります。また、以前は評価していたことを近年は評価しなくなっているということも少なくありません。そのため、昔のように被リンクを多く集めればいい単純な対応では太刀打ちできなくなってきています。これからSEOの対策に力を入れていきたいというのであれば、まずはコンテンツを充実させることが重要といえるでしょう。たとえば、100字程度の簡単な文章を載せたホームページを大量に作り、それらを相互リンクさせて検索サイトからの評価を上げるといった手法はもう通用しません。基本的に、そういったページは内容が乏しいという判断でインデックスをすることがないからです。

閲覧者にとって見やすいかという点もチェックされる

また、文章量は十分であっても、その中に特定のキーワードをしつこいほど入れるというやり方も今の検索サイトは評価しないようになっています。内容が充実していて、自然な形でキーワードが入っているコンテンツを評価するのです。訪問者にとって見やすいサイトになっているのかという点も考慮されます。現在、検索サイトが各サイトに送り込んでくる「bot」は、サイトのソースをチェックして、一般的なブラウザで見た場合、どのようにレンダリングされるのかをしっかりと分析することができるのです。そのため、広告が多すぎて肝心のコンテンツを読むためにかなり画面をスクロールしなければならないといったサイトの作り方をすると、読みにくいサイトと判断されて低い評価を受けることになります。人間が読みやすいサイトを作ることが大事です。

ホームページ作成とSEO対策は専門のサービスに依頼すべき案件です。アクセス数とネットショップの売上は比例する関係です。