商売の手段として知っておこう!EC物流とは何?

EC物流とはどのような物流方法?

EC物流とはインターネットを活用した取引のことです。ECとはElectronic Commerceの略称で直訳すると電子商品取引となります。ネットワークを利用して電子的な情報通信によって商品やサービスの売買がされるようになっているのです。

物流は商品の配送はもちろんのこと、在庫としての保管や梱包、物流情報処理などさまざまな業務があります。現在商品配送は宅配便が活用されることが多い傾向です。受け取り方法としてはコンビニ受け取りもあれば、自宅への配送など手段は様々です。Eコマースに関する情報はクラウドによるシステム管理がされていて注文履歴や在庫履歴などの情報連携がされます。

EC物流の基本的な流れは?

EC物流の基本的な流れは、入荷後検品され、在庫として保管し、梱包ごに出荷される流れです。少量多品種に対応するために、商品の保管方法は、ケースでの保管よりラックでの保管が主流になりつつあります。

EC物流の注意点は何?

EC物流の中で最も注意すべき点は、物流品質です。最近のEC物流業界では、商品のレビュー機能が充実しています。これにより購入する前に実際に品物を見れないデメリットを解消しているのです。購入者のうち過半数が高評価のレビューをつけていると、他の利用者も安心して購入可能です。

具体的な物流品質としては、商品の梱包品質や配達に要する時間などが挙げられます。

EC物流に今後何が期待される?

インターネットの普及により、インターネット通販は増加の傾向で、最近10年の成長率は7.3%です。今は15兆円規模のビジネスです。今後期待されることは、物流手段の増加と、サービスメニューの拡大などです。

Electronic Commerceの略称であるEC物流は、インターネットなどの電子データを駆使した取引を意味する言葉です。日本語訳としては、電子商取引と表されるのが一般的です。