これは覚えてもらいたい!そんな内容の研修ならeラーニングで!

周知のための社員研修は効果測定が大切

法律が改正されて事業に影響が出るようになった、規定類が改定されて社員に従ってもらわなければならなくなったなどといった状況はよくあるでしょう。その内容を周知してもらうためにメールを流したり、ポスターなどを掲示したりすることも珍しくありません。しかし、その内容が本当に重大なものなら社員研修を実施して伝えようと考えることもあります。研修という場に社員を引き出すことでその内容に集中してもらうことができ、誰もに理解してもらえると期待できるからです。ただ、周知できたかどうかを確認しておかないと、実は大半の人が理解できていなかったという状況に陥ることもあります。周知のための社員研修では効果測定を行うようにしましょう。

eラーニングは理想的

周知のための社員研修を実施するときにはeラーニングを使うのが合理的です。eラーニングでは社員がテキストを読み進めていき、読み終わったら効果測定をして一定以上の点数であれば研修を修了したという認定をする形になっています。周知事項をテキストとしてまとめ、その理解度を測定できるテストを準備すれば実施することが可能です。これが理想的なのは個人の理解速度や時間の余裕に応じて研修を受けられることや、全員を一堂に集めて講義をする必要がないことです。期日を設けて履修するようにだけ連絡すれば、時間の合間を縫って内容を理解してくれるでしょう。緊急の内容であっても速やかに周知させられるので効率的な方法なのです。

管理職研修では主に部下の管理方法や最近話題になっている働き方改革、各種ハラスメントへの注意などが研修内容として多いです。