社員を育てる!結果の出る社員研修の行い方とは?

研修の目的を設定する

新入社員が会社に新しく入ってきた際には、業務内容や会社の基本的な仕事内容について社員に教える必要がありますよね。しかし、一度にたくさんの事柄を社員に教えても、効率的に仕事内容を覚えてくれるとは限りません。そこで、社員研修を行い、会社内で必要とされる技術やマナーについて一から教育するのが良いでしょう。

社員研修では、研修を行うにあたって目的を設定する事が重要です。例えば、社員が取引先の人と上手く人間関係を築けるかが不安な時は、コミュニケーション能力を上げるための研修を行うべきでしょう。コミュニケーション能力を向上させるためには、相手との信頼関係の築き方の他にも、言葉遣いなどの細かい配慮が必要です。

仕事をする上で重要になる人間関係は簡単に作れるものではありませんが、相手から信頼される人間になるための話し方や態度などを研修の目標に入れると良いでしょう。

研修の講師はどう選ぶか

社員研修を行う際には、新入社員に対して仕事の内容などを教える講師を決めなければなりませんよね。研修では、たくさんの立場から仕事について考える社員を育成する必要があるでしょう。そこで、研修を行う講師は同じ職場で働く人間以外にも、外部からの講師を呼ぶ事も有効になります。自分の会社で今まで行われていなかった習慣やマナー等を新入社員が学習できれば、より効果的な研修になるでしょう。

また、研修の内容をきちんと理解しているのかを上司がきちんと確認し、改善点があればアドバイスを的確に与える事が重要になりますよ。

マネジメントゲームとは、ゲームをしながら経営を学ぶ事が出来るものです。社長になった設定で会社を運営しながら、経営学を学びます。