自営業の始め方は簡単!続けることはなかなか難しい!

自営業の始め方は簡単

自営業を始めるには開業届けを税務署に出すだけです。公的な届けとしては他には申告の種類を青色申告にするか、白色申告にするかを決めるくらいです。あとは仕事があれば自営業と名乗れます。名刺を作って、知り合いに配っておけば、仕事になるかもしれません。自営業として成り立つためには仕事があることがもっとも重要です。仕事がなければ自営業とは言えません。始めるのは簡単ですが、自営業で仕事を続けていくのは簡単ではありません。自営業を成り立たせるためには生活していけるだけの収入が必要になるでしょう。そこが自営業と名乗り続けられるかのポイントになります。自営業になったはいいが、仕事が一つもないでは仕事として続けることができません。

自営業を続けるために必要なこと

自営業を続けるためには仕事の依頼を受け続ける必要があります。そのためには営業活動が大事です。仕事をしていると営業活動が疎かになることが多いです。しかし、仕事が無くなる前に、新しい仕事の目途を付けておく必要があるのです。自営業はいつでも仕事があるとは限らないので、常に新しい仕事を持ち続けることが重要です。

続けるために仲間がポイントになる

仲間は仕事を一緒にしてくれるだけではありません。仕事を与えてれる可能性もあります。同じ仕事をしているのですから、仲間が手伝って欲しいという時もあるのです。仲間に仕事を手伝ってもらっていると、そのような流れができます。持ちつ持たれつの関係が出来上がれば、お互いに仕事をカバーし合うことができるでしょう。そのような仲間が多ければ仕事を続けることができるようになっていきます。

流通における業務形態のことをいいます。フランチャイズ本部は確立されたサービスや商品を加盟店に提供し、加盟店はその権利を使用する対価を支払います。コンビニエンスストアはこの傾向が多いです。