最初はキットがお勧め!?初心者もチャレンジ可能です

電子回路図や基板図の作り方について

電気製品は電子部品の集合体です。電子回路図を基にして基板図を製作、製作した基板図を基にしてプリント基板を作るなどの流れで行い、完成したプリント基板に電子部品を1つずつ半田付けします。電子回路図は自分で設計するものですが、初心者が最初から回路を作ることは困難です。半導体の仕様書の中には参考回路例が記載してあるので、こうした情報を活用して回路を作る練習を行うと良いでしょう。基板図は電子回路図が完成した後に行います。最初に、大きい電子部品を図面の中に配置、回路図を見ながら結線すると同時に、電子部品が入るスペースを考えながら完成させます。時間と手間が掛かる作業ではありますが、完成した時の達成感は大きいのです。

最初はキット品を使って半田付けの練習

自分で電子回路やプリント基板を製作するとなると難易度が高いと感じている人はキット品を購入するのがお勧めです。電子部品を通販サイトで購入出来るお店をネットで調べます。お店の多くが電子工作キットを販売しているので、作ってみたいキット品を選びましょう。キット品は回路図や基板の実装図、作り方が記載してある説明書も含まれているので、良く読んでから製作に取り掛かるのがお勧めです。尚、キット品の中にはすべての部材が含まれていないので、必要なものは購入時にまとめてカートに入れておくと良いでしょう。例えば、半田やコテ、工具類などは一度購入しておけば長く使えます。キット品は半田付けの練習にもなるため、いくつか製作して練習すると良いでしょう。

プリント基板実装は、電子機器の心臓部である基盤にLSIやコンデンサなどを半ハンダ付けして取り付けることです。部品の小型化などででロボット作業が主流になってます。